代表の挨拶|久世工業株式会社|岐阜市の内装・外装リフォーム

0120-681-825

message

情熱や感動を
忘れていた息子が
紆余屈折を経て
たどりついた確信とは

岐阜で生まれ

工作好きだった幼少時代

0歳の頃

私は岐阜市黒野にて、木材業と建設業を家業とする家の二男坊として生まれました。

小さい頃は祖父と父が営む製材工場兼事務所を頻繁に訪れていたので、大工さんやスタッフの方と仲良くなり、製材工場の中を興味津々で探検したりとよく遊んでいました。

5歳の頃

製材工場と倉庫には、注文住宅に必要な材料が全部揃っています。
夏休みになるとその中を1人で捜しまわり、宿題の工作に使えそうな木材や建材を持ち出しては、家の土間を散らかし放題にして、期日ぎりぎりまで木で作った船やミニサイズの家を拵えたりしていました。手先は不器用でしたが、まわりの友達より簡単に工作材料が調達でき、自分のペースで好きなものを作れることに喜びを感じていました。
そういった姿を見た祖父や父親には、「お兄ちゃんより、お前の方がうちの仕事に向いているな」と言われていました。

家族のように身近にいた工場や事務所で働く人たちからも「二男坊主が跡を継ぐ」「跡取り息子」と事あるごとに言われるようになり、その頃から漠然と「俺が跡取りで家業を継ぐ」という思いを持つようになりました。

レールの引かれた人生は嫌だ

しかし中学・高校と進んでいくうちに、「なぜ俺が家業を継がなければならないのか」「自分の進路は自分で決めたい」と反発するようになっていました。頑固で気難しい父親とは反りが合わず、成長するにつれ会話もほとんどしなくなりました。
幼い頃から身近にあった木材と工務店には、親への反発心から興味を抱かなくなってしまい「親にレールを引かれた進路になぜ進まなきゃならないの」という思いを強く持つようになっていました。

だからといって将来の夢や目標があるわけでもなく、大学受験も失敗。ブラブラするわけにもいかず、とりあえず収入を得ようと流されるように家業に就きました。

レールの引かれた人生は嫌だ

社会に出て

22歳の頃

父親との衝突

なんの技術も経験もない私は、仕事を覚えるために現場監督の見習いとして木材や建材を現場に運んだり、足場を組み立てたり、土やコンクリートを一輪車で運んだりといろいろな作業をしました。しかし、ただ目の前のことを淡々とやる日々で、建設業界に魅力を感じることはありませんでした。
数年間現場で実務経験を積んだものの、流されるがまま家業に進んだことや、一緒に働く職人さんや協力会社の方に「こいつは息子だからいずれ社長になるだろう」と目を向けられるプレッシャーに嫌気がさしていました。

その結果、私は父親に「俺にはこの仕事が向いていない。継ぎたくない。別の仕事がしたい」と告げたのです。

父はそれまでの私の態度を見て悟っていたのか
「わかった。もういい。お前はあてにしない」とだけ言いました。

そのときの表情は本当に寂しそうで、こんな顔を見たのは生まれて初めてでした。

家では冗談ひとつ言わない、お酒も飲まない、会話といえば堅い話ばかりで、人前では絶対弱みを見せない父親が初めて見せた表情が頭に焼き付いてしまい

「俺の人生は親のためにあるのか」
「期待に沿えないなら、いっそのこと、親子関係を断絶して飛び出した方がいいのではないか」
「こんな状況をだらだら続けてよいものか」

という思いが交じり、将来への不安がますます高まっていました。
心の中ではそう思っていても、何も行動を起こさない自分自身に苛立ち、お酒で憂さを晴らす日々が続きました。

この生き様でよいのか

そんなとき、知人から自己研鑽の研修会に誘われました。
その知人は毎日イキイキとし、何がそうさせているのかと思うくらいエネルギッシュ。

「俺の本当の姿はこれなんだ。自己研鑽さえ積めばきっとこうなれるんだ

この一心で研修に飛び込みました。

「自分が望んで進んだ道ではないが、工務店を継がせたい親を悲しませたくない」
「しかし今のままでは仕事に情熱が湧かないし、この先どう進めばいいのかわからない」
内容も知らぬまま飛び込んだ研修過程の中で自分の心境を全部吐露し、ありったけの自分を出しました。

すると講師や一緒に参加していた方から

「今ある自分はすべてあなたが選択したものですよ。それを親の責任にするのは甘ったれている証拠」
「親孝行というのは親の意向に沿うことではない。何をやるにしても自立して立派にやっていくことではないのか」
「本当に嫌だと思っているなら、とっくに辞めているはず

と厳しい言葉を浴びせられました。

そこで目標もないまま努力もせず、不平や不満をいつも他人に責任転嫁して生きてきた自分に気付きました。
初めてそのとき、今まで育ててくれた親への感謝や、知識も技術もなかった私が毎日元気に仕事ができる喜びを教わりました。

自分自身の殻から抜け出せた

研修に参加してからは、自分の中にあったわだかまりや迷い、親への反発がすっかり吹っ切れて、仕事をすることの意義ややりがいを感じるようになりました。

曲がりなりにも現場の経験を積む中で
「これからはスペシャリストよりもゼネラリストにならないといけない」
と考え、建築施工管理技士、土木施工管理技士、宅地建物取引士の国家資格を取りました。
仕事に対する情熱と誇りが芽生えていきました。
知人から「最近顔付きが変わったね」と言われるようになったのはこの頃です。

ただ、楽しくなったとはいえ、まだまだお客様のことを真剣に考えるレベルには到底達していませんでした。
目先の仕事をこなすだけの毎日で、設計通り、期日までに完成させることを何よりも優先させなければならないという考えに浸かっていました。

注文住宅の上棟現場にいったある日のこと。
大工棟梁が醸し出す緊張感のある空気から「職人全員が家づくりに情熱を傾けている」ことが直接伝わってきました。傍らで見守っているお客様もきっと頼もしく感じていたに違いありません。

私も棟梁にはたくさん叱られましたが、今になって振り返ってみると、棟梁に家づくりに対する情熱があったからこそだと感じます。

心境の変化

棟梁の家づくりに対する信念

29歳のとき、結婚を機にマイホームを建てることになりました。仕事の延長で「1つの現場」「1つの物件」程度に考え、安易な計画でスタートさせました。

「ふたりが普通に生活できればいい」
「住宅ローンがきちんと返済できればいい」
「ローコストがいい」
という思いを優先して、素材も仕様も特にこだわりがなく家づくりは流れ作業のように進んでいきました。

自宅

私の家づくりをしてくれたのも先ほどの大工棟梁でした。普段は温厚でやさしい方なのですが、非常に仕事に厳しい面がありました。長年培った知識と腕を頑なに通そうとするので、現場の監督からは恐れられていました。

ある日、そんな大工棟梁と現場で雑談をしたとき、こんな話を聞きました。

「わしはな、15歳で親方の弟子になって50年近くにもなった。
長年家づくりに携わってきたから注文住宅をたくさん建てさせてもらったわ。

だけど2軒だけ家族が幸せになれなかったところがある。それがな、2軒とも座敷の床の間が同じ配置になっていた。
だから今後建てる家で、もし床の間が同じ配置だったら注文住宅であろうがわしは仕事を断る。

単なる思い込みかもしれんが、とにかくわしが建てた家で家族が不幸になるなんて嫌だ。
根っからの職人やから託された以上ええ仕事はする。喜んでもらって住む人が幸せになってくれるのがわしの思いや

衝撃的でした。

「いかなる理由があろうと、自分が建てた家に住む人は必ず幸せになってほしい」
という強い信念は仕事の質での自己満足だけではなかった。
人1倍職人としての誇りを持っていたのは腕だけではなかったんです。

家に住む人が家族のことを思い、真剣に家づくりに取り組んでいるからこそ、家を造る側も真剣にならなければ本当のいい家づくりはできない。

棟梁が放った言葉でこのことを強く考えるようになりました。

「図面通りに出来ていればいい」
「形になっていればいい」

大切なお客様のマイホームに対しても、今までそのような振る舞いをしていたのではないかと思うと恥ずかしくなり、なんでもっと早く気付かなかったのかと本当に後悔しました。
自分がマイホームを建てたことで、造る側の情熱がいかに大切であるかを学びました。

安心安全な家

家族が健康で幸せに
過ごせる家がいい

家が完成した翌年、阪神淡路大震災が発生し、構造設計基準が大幅に強化され、在来工法の耐震性能を上げるために無垢材よりも集成材が広く使われるようになりました。一見ローコストで快適な生活ができると思われましたが、有害な接着剤を用いた集成材、化学物質を用いた建材や壁紙などが、汚染された空気を発生させるシックハウス症候群の原因として、体に害を及ぼすことが社会問題となったのです。

健康に悪影響を及ぼす家なんて、あってはならないことが日本中で起きている事実に愕然としました。快適さを求めるあまり、木造住宅本来の良さが別の方向に進んでしまったことに、ほとんどの人が気付かなかった。

ローコストでクオリティが高いと判断すればそれで良しとしていたんでしょう。社会問題になってからは、法規制によって有害な化学物質を含んだ接着剤は使われなくなり、私たちも一先ず安心しました。

社長になってから気が付くことばかり

37歳のとき、代を受け継ぎ、工務店の社長となりました。

父から社長就任を言われたときは突然でしたのでピンときませんでしたが、「いずれは」と心の準備はできていました。
しかし4代目の社長としての重い責任と、予想をはるかに超える強烈なプレッシャーで体中が張り詰めました。

ただひたすら目先のことだけに集中して社業に勤しむ、そんな日々が続きました。

38歳の頃

数年前、出会って2~3度目のお客様から、唐突に
「もう、社長の会社にお願いするって決めてますから」
と言われたときのことは忘れません。

どこを気に入っていただいたのかとかはわかりません。あまりにも唐突だったのでつい「何でですか?」と聞いたくらいです。

そのときにお客様がおっしゃられたのは
「素材や工法は素人なので、多分いいんだろうなくらいしかわかりません」
「決め手は人柄と会社の雰囲気
「建てた工務店が身近に長くあるという安心感
でした。

驚いたと同時に「絶対喜んでもらうんだ」という気持ちで胸が一杯になりました。
打ち合わせから完成まで関わらせていただき、最後の引き渡しでお客様の顔を見たとき、それまで味わったことのない「新居が完成した喜び」「家づくりが終わってしまう寂しさ」がこみ上げてきたのです。

この仕事をしていて本当によかったと思った瞬間でした。

私を信頼して一生に1度の家づくりを託してくれた人を、絶対に裏切る訳にはいかないと強く決意しました。
試行錯誤しながら、たどり着いた答えがやっと確信となりました。

住む人が喜んでいる姿、世の中でたった1つの幸せな家族を思い浮かべながら、それを実現してゆきたいと思っています。

あのお客様には、私と関わった人すべてが幸せになって欲しいと願う心が伝わった、そう確信しています。

ありがとうひとすじ96年

これが弊社の経営理念です。

大正15年の創業以来、コツコツ続けてきました。
「仕事をしていてどんなときが1番うれしいか」とスタッフに聞いたところ、全員が「ありがとうと言われたとき」でした。

いいものを作るだけでよいのか。

要望に応えるだけでよいのか。

親切丁寧だけでよいのか。

これからもひたすらに積み上げていきたいと思っています。

追伸

社長

長年、岐阜市で地元の工務店として代々受け継いだ大切な思いはこれからも変わりません。

あなたと出会えて本当に良かった。

こういっていただけるのが私にとって最高の幸せを感じるときです。
素材、工法はもちろん、そして何よりも大切な『心』が伝わるような仕事をして、1つでも多くのありがとうがいただけるよう頑張ります。

社長サイン